表達變化的2種日語表達,它們的區別,你知道嗎

2021-09-30 16:02:46 字數 1700 閱讀 2549

大家在學習日語的過程中,大家肯定都遇到過「~になる」和「~となる」這兩個用來表達變化的句型。這兩個句型之間又有什麼區別呢?今天就讓我們一起來看看他們之間的區別。日本有一句話說的好,「親になるのはやさしいが、親となるのは難しい」(變成父母很簡單,但要成為真正的父母卻很難),這句話就很好讓我們看到了兩個句子之間的區別。

「~になる」更多用於口頭語中,而「~となる」則更加偏向於書面語。

所以我們在新聞等**上,我們會發現表示變化的更多是以「~となる」的形式出現,比如:

販売數量は緩やかながら減少傾向となっている。

銷售數量逐漸有減少的趨勢。

低気圧の影響で九州では雨の天気となるでしょう。

由於低氣壓的影響,九州地區應該會下雨。

這些都是新聞**上收集的句子,大家看下通常都是以「~となる」的形態出現。但是在口語裡,經常是以「~になる」的心態出現。

「~になる」就是一般的表述並不會攜帶個人的意見或者判斷。「~となる」則帶有說話者強烈的看法和判斷的語氣。比如「失敗になった。」「いい経験になった。」本身其實並不帶個人意見,而如果是「失敗したんだけどいい経験となった」的話,就感覺這個句子帶有個人的判斷色彩,表示“這次失敗的經驗是一次很好的經驗”。

「~になる」更加側重變化的過程,而「~となる」則更加側重變化的結果。

水が氷になる。水變成冰。強調水變成冰的整個變化過

水が氷となる。水變成冰。強調水最後變成

頑張ってよく勉強した結果、鈴木さんはついに醫者になった。

努力用功的結果,鈴木先生終於成為醫生了。可以感受到整個變化的過

彼は今月から東京大學醫學部附屬病院の醫者となった。

他從這個月開始,就是東京大學醫學院附屬醫院的醫生了強調變成醫生的結

在強調變化結果的時候,我們通常會使用「~となった」來表達:

號泣議員の涙はなぜ笑いの対象となったのか。

狂哭議員的眼淚為什麼會變成嘲笑的物件呢?

彼は子供のない伯父さんの養子となった。

他變成了沒有兒女的伯父的養子。

また梅雨の季節になりましたね。

又到了梅雨的季節。

太郎も立派な大人になったね。

太郎也變成了優秀的成年人了。

わたしは將來、電車の運転手さんになります。

我將來要成為電車司機。

三度肘を折って良醫となる。

三折肱而成良醫。

滄海変じて桑田となる。

滄海成桑田。

涓涓(けんけん)壅(ふさ)がざれば終に江河となる。

涓涓不壅,終為江河。

江南の橘(たちばな)江北の枳(からたち)となる。

名橘,樹之江北,則化為枳。

塵も積もれば山となる。

積微塵成山。

手を翻せば雲となり手を覆せば雨となる。

翻手做雲覆手雨。

我相信經過今天的分享,大家對於這兩個單詞能夠有更深入的理解。